タバコの煙や匂いで喉が痛くなった時の対処法

投稿者: | 2016年10月11日

%e3%82%bf%e3%83%90%e3%82%b31
タバコの煙や匂いで喉が痛くなったり、体調が悪くなったりしたことはありませんか?

しかも、直接タバコの煙を吸ったわけでもないのに、
服や髪についた匂いを嗅いだだけで体調が悪くなってしまう…
なんていうこともあります。

不思議なことに、タバコって自分で吸っている時は気にならなくても、他人が吸っている時は気になったりもするんですよね。

今回はそんな時の対処法についてまとめてみました。

目次

  1. 痛い喉を治す方法
  2. どうして匂いを嗅いだだけで喉が痛くなるの?
  3. タバコの匂いが服や髪につくのを防ぐ方法
  4. 終わりに

痛い喉を治す方法

%e3%81%9f%e3%81%b0%e3%81%932
楽しい飲み会から帰る途中…ふと気が付いたら、喉の調子が悪い?
でも煙を防ぐにはもう手遅れ!あとは喉が痛くなるばかり…
そんな時は以下のことを試してみましょう。

龍角散を飲む

経験ですが、家庭で試せるものではこれが一番効きます。
白い粉状の薬を、添付のサジですりきり一杯を舌に乗せるようにし、水なしで飲みます。

これが結構苦い! 子供の頃は苦手でした。
大人のあなたは、唾液で湿らして溶かすようにしながら、喉に貼り付けるように飲んでみましょう。

家にないし時間も遅くて薬局が閉まってる…という時は、
コンビニでも「龍角散のど飴」が売られていますので、探してみるといいかもしれません。
何せ喉の痛みは少しでも早く何とかしたいものですからね。

のどスプレーやうがい薬を使う

イソジンが有名ですが、殺菌成分が入っていますので、悪化を抑えますし今後の予防にもなります。

喉に向かって直接吹きかけるので、こちらも効果が高いです。

紅茶にはちみつと生姜を入れて飲む

紅茶とはちみつ、生姜は、それぞれ喉に良いことで有名です。
喉の調子が悪い時は体を温めた方がいいので、紅茶もあたたかいものにしましょう。
意外と味がつかないので、生姜とはちみつは入れすぎかな?と思うほど入れても問題ありません。

温かいお風呂に入る

お風呂の湯気が鼻や喉を潤してくれますし、
体を温めて新陳代謝が活発になることで早く治りやすくなります。
湯冷め厳禁ですので、お風呂から出た後は素早く水滴を拭き取って着替えてくださいね。

喉に刺激のないものを食べる

敏感になっていますので、辛いものや炭酸など、刺激の強いものは控えましょう。
また冷たいものも、喉を通る時は気持ちよいのですが、やはり刺激が強いので控えた方がいいです。

マスクをする

タバコで刺激を受けた喉は、できるだけ外気にさらさないようにしましょう。
メンディングテープを口に貼って眠るというのも良いです。
どちらも気になって嫌だというのであれば、鼻呼吸を心がけましょう。

首を温める

外ではマフラー、家ではタオルなので構いません。
首回りを冷やすと喉は悪化しますので、温めて過ごしましょう。

どうして匂いを嗅いだだけで喉が痛くなるの?

電車などで、スーツや髪にタバコの匂いをつけた人が隣に座っただけで喉が痛くなってしまう…なんていうことがあります。

煙を吸ったわけでもないのにどうして匂いだけで喉が痛くなるのでしょうか。

実はタバコから出た成分の中には、空気中の成分と反応することでより悪い影響を及ぼす性質に姿を変えるものがあります。
それはニコチンです。

ニコチンは空気中の成分と反応し、発がん性物質を含むニトロソアミン類に変化します。

服や髪について空気中にさらされる時間が長くなったことで、
それがより顕著に現れるのです。

この服や髪、また家具などを介して影響されることは、「三次喫煙」とされ、近年注目されています。

では、匂いをつけないようにするにはどうしたらよいのでしょうか?

タバコの匂いが服や髪につくのを防ぐ方法

%e3%81%9f%e3%81%b0%e3%81%933
匂いが移るのは、髪の痛みや服の繊維などにタバコの成分が入り込むのが原因です。

なので、これが入り込まないように事前にコーティングしてやればいいのです。

・タバコの匂いを防ぐヘアスプレーやトリートメントを使う
→LAX、SALAなど
・タバコの匂いに強い柔軟剤を使う
→レノアなど

また、髪についてはタバコの成分が表面のキューティクル部分に付着していることが多いので、ブラッシングをしただけでも多少はましになります。

終わりに

いかがでしたか?
私自身喉がとても弱く、以前は外出先でタバコの匂いを嗅ぐたびに喉を傷めることが多かったので、対策として行ったことを書いていきました。

煙ならともかく、服についたタバコの匂いを嗅いだだけで具合が悪くなってしまうなんて…
私の体はどこかおかしいのではないか?
と悩んだ時期もありました。

でもそれは違ったんです。立派に喫煙被害として認められていたのですね。

もちろん、喫煙する人を非難しているわけではありません。最近はお店も完全禁煙が増えたり、喫煙室や喫煙用スペースも減っていて、大変だと思います。
ただ、直に体調不良という形で出てしまう私のような人間も多いので、ルールを守って喫煙してくださる方には本当に感謝しています。

私も対策をすることで、今ではとてもましになりました。
同じように困っている方の助けになれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA