真矢ミキ、ベッキーの味方かと思いきや…?不倫批判のダブルスタンダードで視聴者混乱

投稿者: | 2016年10月5日

今年1月に発覚した、タレントベッキーさんの不倫報道について、真矢ミキさんがオリエンタルラジオの中田敦彦さんと言い争いになったのは記憶に新しいと思います。
ベッキーを「あざとい」とばっさり批判する中田さん。
対して、「私たち何も被害を被っていないのに、そこまで言うのはおかしい」と反論し、ベッキーさんを庇う真矢ミキさん。

ところが、後の中村橋之助さんの不倫報道の際、真矢ミキさんは「二人の女性を不幸にしたと言うけど、やっぱり不幸になったのは奥さん。奥さんがかわいそう」という持論を述べたのです。

真矢ミキさんと中田敦彦さんの対立

%e3%83%99%e3%82%ad
4/27放送のTBS系「白熱ライブ ビビット」での出来事でした。
ベッキーさんが文春に直筆の手紙を送ったという報道に対し、中田さんが「ベッキーは文春に手紙を渡すことで思いが世に伝わることを狙っていることが、僕はあざといと感じちゃう」「公的に不倫を認めてないのに、不誠実でずるがしこい対応」「影響力がとても大きいベッキーは公的な説明をするべき」と批判しました。
それに対し、真矢みきさんの反論は「私たちは何も被害を被っていない。ベッキーは奥さんには謝るべきだけど、公的に謝れというのはおかしい」「あっちゃん(中田さん)も影響力がある方なのに、『あざという』という言葉を使うのは国民を誘導してしまう」というものでした。

それでは、この真矢ミキさんの意見をふまえて、中村橋之助さんの不倫報道時のコメントを確認してみましょう。

真矢ミキさんと水谷修さんの対立

同じく「白熱ライブ ビビット」の9/15放送で、中村橋之助さんの不倫疑惑と謝罪会見について取り上げられた時のことです。
水谷さんが「みなさん三田さん(奥さん)を守ってばかりだけど、不倫相手の彼女だってかわいそうですよ。愛し合ってるんだから。五分五分」と発言しました。
それに対して真矢ミキさんは、なんと「やっぱり(傷ついたのは)奥さんだと思いますよ。不倫相手は奥さんがいるとわかって付き合っているのかもしれませんから」と発言したのです。

ん?それって…

ベッキーさん(不倫相手側)を庇うのに、別の報道では三田さん(奥さん)の味方をしている

ベッキーさんはLINEの流出で、川谷さんが既婚者だと知っていたのは明らかになっています。
そして、ベッキーさんの報道を受けて、真矢ミキさんは「私たちは何も被害を被っていないのであまり言うべきではない」という内容の発言をしています。
ならどうしてここで三田さんの味方になるのでしょうか。ベッキーさんの件ではコメンテーターという立場でそういうことを言ったのですから、ここでもそれ(私たちには関係ない)を貫き通すべきだったのではないでしょうか?

個人的な感想ですが、ここで言っていることは、真矢さんが正しいと私は思います。しかし、中田さんと対立した時の言葉の数々を考えると、いまいち納得できなくなってしまいます。
相手の立場によって意見を変えているように聞こえますよね。

視聴者の声

・その場その場で立場の強い芸能人の方に立ってるだけ
・感情だけで、なんとなくの雰囲気だけで肩持つタイプ
・泣いてる子がいたら反射的にその子を庇ってそれ以外の子に有無言わさず謝らせる教師みたい。たとえ嘘泣きでも我儘で周りを困らせて泣いてるだけであっても庇う自分に酔ってるだけだから関係ないみたいな

さすがにこれには、視聴者からも辛辣な意見が出ているようです。

川谷絵音さんを「ウツボカズラみたい」と表現

%e6%96%b0%e8%a6%8f%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%90%e3%82%b9
さらに、10/4放送の「白熱ライブ ビビット」では、ベッキーさんの不倫相手であった川谷絵音さんの新たな熱愛報道がされました。
これを受けて真矢さんは、「ウツボカズラみたいじゃないですか?食虫花。周りの人を巻き込んで、自分は成長していっちゃうというか……」と表現。

ウツボカズラは、国民を誘導する結果にならないのでしょうか。
私にはウツボカズラが今後川谷さんの代名詞になってしまうような気がしてなりません。

真矢ミキさんの言っていることはダブルスタンダードである

「傷ついたのは奥さん。奥さんがかわいそう」
これをベッキーさんの報道でも言えていたら、芯が通っている意見だったんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA